探偵学校を比較検討するときのポイントは?

探偵学校を検討するとき、比較するべきポイントは?


探偵学校とは探偵を育てるために教育する学校です。
聞き込みや尾行、張り込みなどの探偵に必要な業務を訓練し、調査に必要な機器の操作を学ぶための学校です。


探偵学校を卒業すると、探偵事務所や興信所に就職したり、起業して事務所を開く人もいます。


探偵学校を卒業していないと探偵になれないか?と言われればそんなことはないですが、卒業している方が有利なのは間違いなさそうです。
探偵学校を選ぶ際に比較するポイントはどのようなものがあるのか、探偵学校についてご紹介します。


探偵の仕事に興味がある、探偵になりたいと思われる方はぜひご参考になさってみてください。


探偵学校を比較する際のポイント


探偵学校は学ぶスタイルで比較して選ぶという方も多いです。
どんなスタイルがあるのでしょうか?

授業型

まず、このタイプの探偵学校では教室で授業を行い、尾行や張り込みなどの知識を勉強します。
ほとんどの場合、過去に探偵をやっていた人や現役で探偵をやっている人が講師になります。


中には休日に授業をやっている学校もあるため、仕事や家事などで忙しい人でも探偵業務を学びやすいです。


通信制

お住まいの場所や時間的に通いづらい…などの理由で、授業型の探偵学校に通うのが難しい人もいるでしょう。


このような方のために、自宅で自分の都合のいい時間に勉強できる探偵学校もあるようです。
申し込みをすると教材などが届き、それを元に自宅で勉強するのでライフスタイルに合わせて探偵業務が学べるため人気です。


現場中心型

探偵学校の中には授業と並行し現場実習を行うところもあります。
現場実習を行うことで、実用性の高い知識を得られるのがメリットです。


実際に行われるような張り込みや尾行などを体験したり、探偵が実際に使っているような機器を使って模擬的な実習ができたりするため、高いスキルが身につきます


ただ、依頼者に対し探偵事務所はプライバシーを守る義務があるため、プロではない人を実際の調査に加えることはできません。


実際の調査ではなく、架空の調査において実習を行います。


さて、ここまで探偵学校の授業スタイルについて紹介してきました。
生活に合ったスタイルの学校を見つけたら、さらにチェックしたいポイントをご紹介します。


大手が運営している

探偵学校を比較する際のポイントとして、大手の探偵事務所が運営しているかどうかというのがあります。


実際に探偵になり活躍するにはさまざまな専門知識や法律的な知識が必要になるため、探偵事務所としてきちんと営業しているところで学ぶのが大切です。


特に、全国に事務所をかまえていたり、知名度が高い探偵事務所なら信頼性が高いので、安心して学ぶことができます。


費用

学費についてもはっきりとした費用が分かるところなら、安心して通学できます。
あまりに高すぎると通い続けるのが難しくなるため、比較する際学費については大切なポイントです。


学費をチェックする際、授業内容や日数などと比較して、あまりに高額な場合は怪しいと考え、しっかりと検討した上で入学を決めましょう。


調査技術

探偵業務で最も必要となるのが行動調査で、これは調査対象者に気づかれず尾行を行ったり、撮影する必要があるためかなり高度なスキルが要求されます。
そのため、探偵学校を比較する際、HPや資料に、技術を学べる機材がはっきり書いてあるか確認しましょう。


運営元の探偵業者のHPも確認してみて、使用機材や売りにしている技術がどんなものか、確認するのも良いかもしれません。
探偵学校の卒業後は、運営元の探偵業者への就職斡旋があることも多く、そこで必要となる技術を学校の教育内容に組み込んでいることもあるからです。


講師のレベルが高い

また、探偵学校の講師のレベルが高いかどうかも比較するポイントです。
探偵学校の目的はプロの探偵を教育し育てることです。


ですが、最近では目的がビジネスになってしまっており、授業内容がマニュアル化してしまっていたりします。
優れた探偵になるためには講師の質がいい探偵学校を選ぶべきです。


そのため、講師の比較のポイントとしては、講師のレベルを知っておくことが重要なので、説明会の時に探偵学校の講師のレベルをチェックすることが大切です。
ホームページでもある程度は分かるでしょうが、やはり実際に説明会に参加した方がいいでしょう。


このように、探偵学校を比較する際のポイントにはさまざまなものがあり、運営している会社から費用面など色々なことをチェックしておく必要があります。
そのためにも、入学を検討する段階から探偵学校の資料を集め、細かいところまでチェックしましょう。


また、入学説明会などがある場合は積極的に参加し、自分の目で実際に確かめることが大切です。


まとめ

探偵学校と言っても、授業のスタイル、内容や費用などさまざまです。
自分にぴったり合った探偵事務所を選ぶにはさまざまな比較ポイントがあるため、しっかりと調べた上で選ぶようにしましょう。


探偵学校に入学することをお考えの方はここでご紹介したことを参考にしてみてください。

関連リンク