調査員の数や車の使用。当サイトは、全国の探偵を地域別で検索できるポータルサイトです。

探偵ガイド
探偵ガイド-HOME
探偵ウォッチリスト - 無料見積リンク - ランキング - おすすめ
こんにちは、 さん
はじめての方へ - 本サイトについて - ご利用方法 - お問い合わせ
調査依頼の基礎知識
電話で相談するには

調査依頼の注意点

探偵の料金相場について

探偵社・興信所のトラブル

調査料金の支払方法

契約書にサインする際に注意する点

調査料金1日7,000円からとありますがほんとうでしょうか

調査員の数や車の使用

探偵社が調査を受けることができない場合

広告の規模が大きな探偵社が安心でしょうか

調査料金にはどのようなものが含まれますか

調査料金の一般的な金額を教えてください

調査のキャンセルや日程変更

信用できる探偵・興信所を選ぶポイント

ホームページの誇大表現に注意!

調査が失敗した場合

違法行為を調査依頼する場合

調査とプライバシー

トラブルが起きた時の相談先


調査員の数や車の使用

探偵において、調査員の数は非常に大事なところです。

依頼調査の質を高めるためには、最低でも2名の調査員が必要になりますので、調査員の数が多いということは、たとえば素行調査や浮気調査においてもそれだけ調査力が高くなることになります。

ここで大事なのは、調査員の数といっても、興信所に在籍している調査員の数になります。また更に厳密に言うと、在籍していて実際に活動している探偵の数になります。

ホームページ上に調査員の数を水増し表示するために、在籍はしていても、実際には活動をほとんどしていないということがあるからです。

探偵の調査においては2名の調査員が担当します、といっても注意が必要です。実際には1名の調査員しか使っていないのに、2名分の費用を請求することがあるからです。

依頼者には、どのように調査を行っているのか把握することはできません。興信所の言ったことをある程度は信用するしかないからです。

1名しか調査員をつかっていないのに、2名といって水増し請求する探偵トラブルを避けるための方法としまして、以下の方法もあります。

  • 調査現場を見に行ってもいいか聞いてみる。
  • 実際に2名の調査員が探偵しているのかの証拠のため、
    2名の調査員が写っている写真や映像を残してもらう。

※注意点
調査において一番恐れていることは、対象者に調査していることがバレてしまうことです。一度バレてしまうと、 以後の調査が非常に困難になりますし、対象者と依頼者とのトラブルに発展する可能性があります。 調査発覚のリスクが高くなるため、現場に見に行くなど、たいていの探偵事務所ではお断りされることが多いようです。


探偵ガイド