探偵調査の契約書にサインする際に注意する点。当サイトは、全国の探偵を地域別で検索できるポータルサイトです。

探偵ガイド
探偵ガイド-HOME
探偵ウォッチリスト - 無料見積リンク - ランキング - おすすめ
こんにちは、 さん
はじめての方へ - 本サイトについて - ご利用方法 - お問い合わせ
調査依頼の基礎知識
電話で相談するには

調査依頼の注意点

探偵の料金相場について

探偵社・興信所のトラブル

調査料金の支払方法

契約書にサインする際に注意する点

調査料金1日7,000円からとありますがほんとうでしょうか

調査員の数や車の使用

探偵社が調査を受けることができない場合

広告の規模が大きな探偵社が安心でしょうか

調査料金にはどのようなものが含まれますか

調査料金の一般的な金額を教えてください

調査のキャンセルや日程変更

信用できる探偵・興信所を選ぶポイント

ホームページの誇大表現に注意!

調査が失敗した場合

違法行為を調査依頼する場合

調査とプライバシー

トラブルが起きた時の相談先


契約書にサインする際に注意する点

契約書にサイン探偵調査を正式に依頼するときには、通常、契約に関する書類を交わします。


書類には、
  • 契約書
  • 重要事項説明書
  • 調査に関する確認同意書

の3つがあります。

この3つの契約書は、探偵業法によって定められているもなので、正しく交付しなければ、探偵事務所側の違法となるものです。


 注意点

探偵調査の依頼時にこれらの書類が交付されない場合、直ちに依頼をやめるべきです。

契約書に記載されている探偵料金契約書に記載されている調査料金、調査内容などをじっくりと確認しましょう。契約書内に少しでも不明な点やおかしな点があれば、遠慮せずに担当者に聞きましょう。

ここで担当者に遠慮をして、疑問点や気になる点をうやむやのまま契約などしてしまうと、自分が望んだ調査結果を得られなかったり、最初に聞いていた調査料金と違ったなど、後々契約に関するトラブルに発展する恐れがあります。

契約に関する書類は何度も読み返し、少しでもわからない点は何度も質問するなど、自分が十分納得してから契約するようにしてください。


 注意点

いくら質問をしても、担当者があいまいな返事しかしてくれない、契約を急かすような態度をとるなどの場合、急いで契約してしまわずに、いったん保留にするなどして、慎重に依頼する探偵事務所を決めてください。



探偵ガイド