違法行為を調査依頼する場合。当サイトは、全国の探偵を地域別で検索できるポータルサイトです。

探偵ガイド
探偵ガイド-HOME
探偵ウォッチリスト - 無料見積リンク - ランキング - おすすめ
こんにちは、 さん
はじめての方へ - 本サイトについて - ご利用方法 - お問い合わせ
調査依頼の基礎知識
電話で相談するには

調査依頼の注意点

探偵の料金相場について

探偵社・興信所のトラブル

調査料金の支払方法

契約書にサインする際に注意する点

調査料金1日7,000円からとありますがほんとうでしょうか

調査員の数や車の使用

探偵社が調査を受けることができない場合

広告の規模が大きな探偵社が安心でしょうか

調査料金にはどのようなものが含まれますか

調査料金の一般的な金額を教えてください

調査のキャンセルや日程変更

信用できる探偵・興信所を選ぶポイント

ホームページの誇大表現に注意!

調査が失敗した場合

違法行為を調査依頼する場合

調査とプライバシー

トラブルが起きた時の相談先


違法行為を調査依頼する場合

探偵事務所では、以下のことを明記していますし、以下のことをきちんと教えてくれます。

  • 差別にあたる調査、または差別につながるような調査。
  • 調査内容が法律に触れる、法律に反する行為になるような調査。
  • 調査結果を元に特定の人間に社会的不利益を与える恐れがあるなど、復讐を助長する調査。

たまに探偵に依頼されることがある「戸籍謄本、住民票などの入手について」は、本人とその家族や弁護士などが訴訟手続などの必要な場合に限定されています。

第三者の戸籍謄本や住民票を入手するなどの法律を無視する行為は違法行為に当たりますので、ご理解頂きたいと思います。

現在の探偵事務所のほとんどは、健全な営業を目指しているところが多いので、 浮気調査のために違法に盗聴器を仕掛けるなど、明らかな遺法行為や犯罪行為、差別に繋がる調査などは引き受けてくれないと理解しましょう。

違法性のある調査目的を隠すために、調査依頼のときにウソを言ったとしても、たいていの探偵はそのウソを見破ります。

探偵も多くの人と合って経験をつんでいるので、ウソがわかってしまうのです。

依頼時にウソはバレやすいものですが、もし調査中にウソが発覚し調査中断になった場合でも、返金はできないことが多いので、その点は注意しましょう。

探偵に関する知識が足りないことによって、犯罪行為にかかわる調査とは知らずに依頼をしてしまうこともあると思います。

その場合は、良識のある信用できる探偵なら、きちんと教えてくれます。


※注意

悪徳な探偵によっては、依頼内容が犯罪行為であることを知っているのに、わざと黙って調査を引き受け、調査結果をわざと判明させないということも中にはあります。

最近では徐々に良識のある探偵が増えてきていますが、まだまだ悪質な探偵もいますので、相談者側にもある程度の知識や良識が必要になってきています。


探偵ガイド